ファンデーションがのらないのはお肌のせいだった!その原因と解決策は?



Images courtesy of stockimages at FreeDigitalPhotos.net
LINEで送る

ファンデーションが浮く、乗らない、くずれる、ヨレる。
仕事中やデートのときにこんなことになってしまうと、本当に困りますよね・・・

あわてて上からファンデーションを塗っても毛穴に落ちたり、マダラになったり。乗せれば乗れるほど、ドツボにはまってどんどんヨレがひどくなってしまった経験はありませんか?特に暑くて汗をかく季節は最悪では?私も何度も経験していますが、そんな日はなんだか外にいるのも嫌になってしまいますよね。

どうにか改善したくて、ファンデーションの化粧品のメーカーを変えたり、下地を変えたり、いろいろやってももしかしてイマイチではなのでしょうか?

それもそのはず、実はファンデーションを変える前に見直したいのはお肌の方なのです。なぜなら、ファンデーションが浮いてしまう、のらない、その原因はスバリお肌のうるおい不足=乾燥だからなのです!

ファンデーションが肌にピッタリ付くための条件


ファンデーションがお肌にピッタリと付くためには、肌とファンデーションの間にスキマができないよう、肌のキメがきちんと整い、うるおっていることが第一条件。

肌は乾燥しすぎていると、外の刺激から肌自身を守ろうとして、バリアのために表面に脂(あぶら)をどんどん出していきます。そのため、乾燥した肌にファンデーションを乗せると、肌とファンデーションの間に薄い脂の層ができてしまうのです。

こうなると表面のファンデが肌の上に浮き上がってしまい、脂と混ざってメークがどんどんくずれ落ちていくのですね。





ファンデーションは、コンディションが整った肌に乗せることを前提に作られています。なのでシットリ感のない乾燥したお肌に乗せてもすぐにヨレ・浮きが始まるのは避けられません。

まずは、高保湿化粧水や保湿乳液、保湿美容液でメーク前のスキンケアをしっかりと行い、肌をきちんと潤しておくことが大切。そうすることでファンデーションはぴったりと肌に付き、簡単にはヨレたりくずれたりはしません。

乾燥肌をしっかりと保湿するお手入れをすることで、ファンデのお悩みからすぐに開放されるのです。

今使っているスキンケアを見直してみましょう


ノリが悪いなと感じたら、いま使っている基礎化粧品を見直して、ヒト型セラミドスクワランヒアルロン酸などを配合した、乾燥肌用の高保湿スキンケアで肌を改善し、ファンデーションがのりやすい素肌作りをしていきましょう!

⇒ファンデが浮かない肌を作るオススメ保湿基礎化粧品ランキング(写真レビュー付)はこちら

とても乾燥している肌は時間をかけてゆっくり手入れをしていく必要がありますが「いますぐに保湿させたいよ~」という方もいらっしゃることでしょう。そんな方のためにすぐできる即効性のある保湿ワザを次に紹介しますね。

すごく簡単でしかも手持ちの保湿系化粧水とコットンパックでできる、お急ぎ保湿ケアです。

お手入れたったこれだけ!すぐにファンデがピッタリする魔法のスキンケア



テレビを見ながらでも朝ごはんを作りながらでもできるイージーケアですが、すぐにしっとり感を得られる便利な方法です。必要なのは、

・みんなの肌潤糖(あれば)
・保湿系化粧水
・コットン
・サランラップ(時間があれば)

たったこれだけです。コットンがなかったらティッシュペーパーを2,3枚重ねて使ってOK!では、さっそく説明しますね。肌潤糖がないときは2)から始めてくださいね。

1)まず「肌潤糖」をつかって化粧水の前に肌そのものの保水する力を高める作業

洗顔の後に肌潤糖を手で溶かし、ヒタヒタと手のひらパック。ぎゅうぎゅうっと押しながら「保水♪保水♪」と唱えながら手のひらで顔を覆うように。ぬるま湯でした流したらやさしくタオルドライ。この時すでにうるおいを実感しますよ!

2)次にコットンパックを作ります。

おすすめは無印良品の「はがして使えるコットン」。一枚のコットンが簡単に4枚にはがれて、しかもケバケバはまったく出ません。



コットンを水道水で濡らし軽く絞ります。



そこへ保湿化粧水を500円玉分くらい染み込ませます。私が使っているのはプチプラの無印良品「高保湿化粧水」。


3)コットンをはがして顔に貼ります


コットンを4枚にします。はがすように作られているので簡単に裂けますよ♪



一枚をびよーんと伸ばします。



こんな写真でスミマセン。しかもかなり雑(笑)

4)しばらく顔の上においておく

4枚のコットンを顔にぺたぺた張って3分間おきます。このときも「染みこめ~染みこめ~」と唱えながら(w)両手のひらでじゅーっと押さえ込みます。コットンは必ず3分ほどで取ってください。乾燥させてしまうと水分がいっしょに飛んでいって、かえってお肌に悪いです。


●コットンをはがしたら、すばやく乳液や美容液で保湿します。両手のひらで顔をつつむように、おでこ、ほお、口周り、めじりなど1カ所10秒ずつ手のひらを押し付けておきましょう。

●お手入れが済んだらすぐにリキッドやクリーム系、またはCCクリームなどでメークします。

↑ココまでは朝など時間がないときなどに。もっと時間が取れるときはこのあとも試してみて下さいね。

●さらにこのあと高保湿クリームをやさしく顔に広げて、鼻と口の形をくりぬいたラップでお肌にフタをします。ピッチリぴたぴたフタをしたらしばらくテレビでも見ながらゆっくりケアしましょう。

10分ほどしたらラップをはずし両手で優しく保湿系のクリームを押し込んでいきます。「しっとり~なれ~しっとりなれ~」と唱えながらゆっくりと。

ダブル保湿でファンデーションノリノリ♪のお肌に!


ていねいにやさしく保湿をやった後のメークは、ファンデーションのノリがまったく違います!


毛穴の中にもピターっと吸い付くようにファンデンが伸びて、毛穴の凸凹も気持ち目立たないし鼻の頭もしっかりと付いてます。いちばんファンデーションが乗りにくかった超乾燥の鼻の下も、ちゅるん♪とついてる!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

鼻の横のカサついた部分にもピッタリついているし、ほうれい線、目じりのしわにお粉が溜まらない!気になってた目の下のちりめんジワも薄らぎました。ココ目立つのでこれは本当に嬉しい変化。うれしかったです。

乾燥してないのにファンデがのらないのは、コスメ同士がケンカしている!


ところで、もしあなたのお肌が乾燥してないし、キメも整ってる。でもファンデーションが乗らない、くずれる・・・というときはそのほかの原因として、メーク前の基礎化粧水と乳液が肌にしっかり入ってない場合があります。

これはメーク前のスキンケアが十分に肌になじんでいない状態で、油分の入ったファンデーションを乗せてしまったために、スキンケアの水分とファンデの油分が肌の上でケンカしてしまっているんですね。または水分と粉が混ざってまばらに固まってしまっているのです。

その場合は、スキンケアをしっかりと肌になじむまで待つことですぐ解決できます。

洗顔したあと手のひらに化粧水を取り、顔全体にまんべんなく押し付けるようにします。化粧水がしっかりお肌に入ったら3分ほど待ち、そのあとで同じように乳液を手のひらでしっかり肌に押さえつけます。肌に入ったら、また3分ほど待って、次の美容液へ。そして下地化粧品へとすすみます。

こうして時間を置いてスキンケアをすることで、しっかりとした、ファンデーションが崩れにくい土台が出来上がります。ぜひ試してみてくださいね^^

結局たいせつなのはメークの土台



というわけで、浮き・ヨレの原因ファンデーションの問題じゃなくて、自分の肌質にあったわけです。いろんなメーカーのファンデーションを試してみても、いちばん感じな肌のコンディションを無視していては、付くものも付かないわけですね。

どんな肌質でもしっかりと水分を保つように、ふだんからシッカリお手入れをしておけば、どこのファンデーション使ってもちゃんと肌にぴったり乗ります!浮き・ヨレで困っているファンデーション・ジプシーはまずお肌の保湿を見直してみましょう♪

そして肌付きのよいファンデーションを選べば、ファンデーションのヨレ・浮き対策はもうカンペキです!崩れしらずのメーク目指して、今日からがんばってださいね♪

【おすすめの記事】ヨレない!浮かない!
知って損なし!くずれないファンデーションの塗り方<写真付き>



LINEで送る

⇒お肌が整ったら使いたい、ヨレない薄付きファンデーション<レビュー>はこちら